輸入住宅のメンテナンスは国内の会社が担当

PR|ツーバイフォーで建てる輸入住宅|

「輸入住宅で家を建てると、メンテナンスが大変そうだなー」と思っていました。しかし、リフォームは日本の建設会社に対応してもらっているということです。友達の家が輸入住宅なのですが、「私も最初、輸入住宅だとメンテナンスどうなんだろうって思ってた」ということで。

そのような話を輸入住宅を販売している会社でも話したところ、メンテナンス対応をしてくれる建設会社を輸入住宅の販売会社からもいくつか紹介してくれるということで、それで友達夫婦は「輸入住宅でいいか」と、安心したそうなのですよね。

友達の家は海のある地域に建てるということもあって、家の経年劣化が気になったということなのですよね。海側の家になりますから、「サビ」が気になったということで。潮風で車も錆びるのが早い地域だということですから。

ですから、輸入住宅側でも配慮をしてくれたそうです。たとえば、友達夫婦が選んだ輸入住宅では、ベランダは鉄製のものだったのですが、ベランダが1階だということもあって、一部木製で作るように変更してくれたりと(ちなみに、ベランダのデザイン的に鉄製にこだわるようならば、錆止めを定期的に塗りなおすことで対応ができるそうです)。

また、あらかじめ輸入住宅を建てる地域の情報をかなりしっかりめに輸入住宅販売会社に伝えていたというか「相談」していたということもあるのか、メンテナンスおよびリフォームを担当してくれる建設会社からは、定期的に連絡がくるそうなのですよね。これは非常にありがたいことだと思います。

新居での生活が始まって1年も2年も経ちますと、家のことを気にかけなくなってきますからね。引っ越してすぐの頃は、インテリアもあれやこれやと手をかけていたものですけれど、しばらくすると放ったらかしになってしまいますもん。そこで建設会社側から家の状態について連絡が来るのは嬉しいというものですよ。そこの点においても、友達の輸入住宅を羨ましいと思うところですね。

PR|生命保険の選び方|SEOアクセスアップ相互リンク集|心の童話|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|初値予想|